English English 日本語 日本語
English English 日本語 日本語

ゆかりの地を紹介します!!

安城市内にある家康及び家康に関係する人物のゆかりの地を紹介します。
(史跡名をクリックしてください。)

三河石川家発祥の地

みかわいしかわけはっしょうのち

石川数正を輩出した三河石川氏ゆかりの地

三河石川氏は、徳川家臣の最古参である安城譜代(7家)の一つ。安城松平家の時代から服属した家臣を安城譜代という。
石川政康は、1411年(応永18年)に下野国小山城に生まれ、35歳にして三河国に移り、小川城を築城した。
政康の四男である石川康頼は、出家後に石川山蓮泉寺を開祖した。三河石川家発祥の地は蓮泉寺のすぐ近くにある。
家康の懐刀として活躍した後、豊臣家に出奔したことで知られる石川数正も三河石川氏である。

ゆかりの人物

石川数正、石川政康、石川康長、石川春重

所在地住所

安城市小川町志茂339

駐車場

小川町内会事務所の駐車場(約10台)

アクセス情報

あんくるバス停留所「小川」から徒歩5分
名鉄桜井駅から徒歩20分

戻る